おかげさまで、環境共生型マンション ビオ・ウイング ユーカリが丘は完売いたしました。中古物件の情報を除き、サイトの情報は新築販売時の内容になります。

コンセプト

トップ > コンセプト

すべての世代の人が自然や街と共生する、全323邸の次世代スタイルマンション。

外観完成予想CG

動画でのご案内はコチラ

外観完成予想CG ※図面を基に描き起こした完成予想CGに現地周辺の航空写真(2008年3月撮影)を合成したもので、実際とは異なります。

井野の森など豊かな自然環境と共生しながら、計画的な都市基盤整備によって、持続可能な地域社会の形成をめざすユーカリが丘。
「ビオ・ウイング ユーカリが丘」は、その街づくりの思想の集大成として誕生した「ビオトピア街区」のシンボルとして、「中学校」駅徒歩1分に誕生しました。

自然と暮らしが共存できるライフスタイル「ビオトピア」の提案。

BIOTOPE + UTOPIA = BIOTOPIA

ドイツで始まった、生態系が整った地域固有の自然環境とともに人々の憩いの場を創造する「ビオトープ」という自然環境創造の考え方を取り入れたビオトピア街区では、街や住宅、その他さまざまな生活利便施設も充実させながら、自然と暮らしが共存できる、次世代のライフスタイルにふさわしい街並みを目指しています。

自然との共生を実現する環境

自然との共生を実現する環境

周辺には、公園や池、森などの自然環境が豊富にあり、暮らしの中に自然を感じる事が出来ます。

・宮の杜公園
・錦が池

・鎮守の森
・芝生公園

・井野の森
・敷地内の豊富な植栽

子どもたちの未来に快適な地球環境を。「ビオ・ウイング」の環境共生。

「ビオ・ウイング」は、有限なエネルギー資源や水の使用をできるだけ少なくし、地球温暖化の原因とされるCO2の発生を抑えるための設備機器を積極的に導入するとともに、資源のリサイクルのためのサポート体制にもひと工夫。子供たちに青く美しい地球をバトンタッチしていく環境共生マンションとしてのあるべき姿を追求しています。

ユーカリの木344本/年分に相当するCO2を削減するソーラーパネル

ユーカリの木344本/年分に相当するCO2を削減するソーラーパネル

マンションの屋上にソーラーパネルを設置し、クリーンエネルギーである太陽光によって発電。年間10,107kWhの発電量を確保します。マンションの共用部で使用する電気の一部を太陽光発電でまかなうことにより、地球温暖化の原因とされるCO2の削減に間接的に貢献。また、ソーラーの発電量がわかるパネルをエントランスに設置。子供たちの環境教育にもひと役買います。

※数値は、三菱電機(株)の試算によります。

環境共生住宅

厳しい基準をクリアして「環境共生住宅認定」を取得

「地球環境の保全(ロー・インパクト)」「周辺環境との親和性(ハイ・コンタクト)」「居住環境の健康・快適性(ヘルス&アメニティ)」の3つの目的に応じた取り組みがバランスよくなされた住宅が認定される、(財)建築環境・省エネルギー機構の「環境共生住宅認定制度を取得。環境共生への取り組みを含め、地球と地域と暮らしにやさしいマンションであることが、公的な機関によって認められています。

その他の環境共生への取組み
・CO2の削減に貢献する「エコジョーズ」を採用。
・生ゴミの減量に役立ち、排水もきれいな自動給水式ディスポーザを採用。
・水資源と水道代を節約する雨水を利用した植栽散水。
・楽しみながらエコに貢献する空き缶回収システム。
・各住戸の電気料金が一律5%割引となる電力一括購入システムを導入。
・水のムダ使いをなくす節水トイレを採用。

ビオ・ウイング ユーカリが丘の充実の設備についてはこちらから資料をご請求ください。

ページの先頭へ