おかげさまで、環境共生型マンション ビオ・ウイング ユーカリが丘は完売いたしました。中古物件の情報を除き、サイトの情報は新築販売時の内容になります。

入居者インタビュー Kさま

トップ > 入居者インタビュー

私たちの思い描いた暮らしに、「ビオ・ウイング」で出会いました。

住まいも環境にも満足! ビオ・ウイング ユーカリが丘で暮らしを始めたご家族にお話をおうかがいしました。

  • Kさま
  • Nさま
  • Iさま

ビオ・ウイングにお住まいのKさま

家族構成
ご主人様、奥様、長女、長男
以前のお住まい
成田の社宅
お住み替えのきっかけ

社宅の利用期限切れです。現在は成田勤務ですが、成田勤務と羽田勤務の両方の可能性があるため、双方に通勤可能なユーカリが丘で暮らし続けようと考え、新しい家を探し始めました。
ユーカリが丘は、以前住んでいた成田からも近く、娘が通う市外の中学校にも通いやすい。しかも同僚や友達から「良い街だから住みやすいよ」と聞いていて、前からユーカリが丘のファンだったんです(笑)だからユーカリが丘内で、新築戸建てや中古の戸建て・賃貸戸建て・マンション・賃貸マンションと、いろいろ見て回りました。

ユーカリが丘にしたキメ手

友人や同僚からのススメですね。街がきれいで、ユーカリが丘駅周辺の治安も良くて安心できます。自然も多いし、買い物など日々の生活環境も便利。また山万ユーカリが丘線や京成線があり交通の便も良い。道路が整備され車通勤の私も便利ですし、電車を使っている娘も通学しやすい。将来、私が羽田勤務へ転勤しても、ここからなら羽田へも通勤圏内であるところも、ユーカリが丘にしたキメ手でした。

ビオ・ウイングに決めたポイント

ちょうど、本腰を入れて物件を探していたときに、このマンションが完成しました。内覧会があり、いろいろな部屋を見ることができて、モデルルームでは体感しきれなかった間取りの使いやすさ・窓越しの見晴らしの良さ(風景)にも惹かれました。
子どもも大きいので、戸建てにするか、マンションにするか…と悩みましたが、マンションは平屋建てのような家族の一体感が生まれると思い、マンションに決めました。今は、子ども達が自分の部屋を使わずにリビングにいることが多く、家族が一緒にいられることが多くなって、このマンションに来て本当に良かったと思っています。

ユーカリが丘のお気に入りポイント

私たち家族のマラソンコース。山万ユーカリ線に沿って、夜でも走れる街灯のある歩道を使ったコースが約3km。マンションの前にある森から田んぼへと抜ける自然豊かなコースも約3km。これらを、休日に私と娘・息子の家族3人で走っています。妻は「走るのはツライ」と自転車で併走していますよ(笑)。

今後、ユーカリが丘でやってみたいこと

新居に入居して、妻の念願だった犬を飼い始めました。「ノアちゃん(チワワ)はまだ小さいのでお散歩はしていませんが、お散歩デビューしたら、ほかのワンちゃん仲間とも交流したいですね」と奥様。

通勤・通学のアクセスは?

私(ご主人様)は成田空港まで車で通勤しています。
約1時間で通勤でき、国道から自宅までの道路も整備されていて快適とのこと。将来羽田へ転勤しても十分通勤圏内だと思っています。また、娘も市外の中学へ通っていますが、マンションからすぐにある中学校駅から山万ユーカリが丘線でユーカリが丘駅まで行き、京成線で学校の最寄りの駅まですぐ。駅から学校までは友達と一緒に歩くので大丈夫だし、自宅から最寄りの中学校駅まですぐなので、とても安心です。
小学3年生の息子も、近くの小学校まで徒歩10分。お友達もたくさんできて、近くの公園でサッカーをして遊ぶ毎日です。

ビオ・ウイングの施設で一番気に入っているところ

マンション内にある共同浴場「縁の湯」です。私(ご主人様)が仕事が休みの週末には、家族そろって「温泉へ行こう!」と言っては、共同浴場へ行っています。入居者1人ひとりがキレイに使っていて、いつ行っても清潔なのもいいですね。

安心して暮らせる街に住み替えて、家族一緒に過ごす時間が増えました。

転居する前からユーカリが丘のファンだったというK様。実際に住み始めてからも、お気に入りの街であることは変わりないようです。昨年末にはマンション内の知人と共に、マンション内のパーティルームで忘年会をしたとのこと。マラソン仲間なので、まずは宮の杜公園など自然豊かなユーカリが丘の街をジョギングし、汗をかいたところでマンション内にある大浴場でひと風呂浴び、さっぱりしたところで、パーティルームに用意されていた知人及び奥様方の手作りのお料理等で忘年会を楽しんで…。何ともうらやましい忘年会です。「みんな楽しんでくれたようで『またやってよ!』と言われていますよ(笑)」
奥様も、ご自宅にお友達を招いてランチを楽しんでいるとのこと。以前お住まいだった成田からもお友達が来てくれて、おしゃべりに花を咲かせているそうです。このマンションは来客用に駐車場が用意されているし、駅からも近いから、お友達も来やすいようです。
K様のお住まいは13階で、リビングの窓からユーカリが丘の街が一望できます。さらに、K様宅はこの眺望を生かした間取りで、バスルームの窓から景色が見えるようになっているとのこと。夜景のユーカリが丘の街も美しく、温かいお風呂につかりホッと一息つけるひとときを過ごせるそうです。何とも贅沢ですよね。新しい住まい探しでは、間取りやリビングの広さにこだわりがあったそうです。ご夫婦ともにお友達が多く、お子様も大きいので、広いリビングが欲しかったとのこと。また、家族が別々にならず一緒にいられる家であることも、新しい住まいに求めていました。2階建ての戸建て住宅ではなく、マンションを購入した一番の理由が「まるで平屋建てに住んでいるような、家族の一体感があるから」。広いリビングを見渡せるカウンターキッチンには奥様がいて、ダイニングテーブルで勉強をしたり本を読んだりするお子様たち、その隣りにあるソファでくつろぐご主人様と…。お子様たちそれぞれにお部屋は用意されていますが、自然と家族全員が集まり、リビングで過ごしていることが多いそうです。

また、このマンションに来て、生ゴミ(燃えるゴミ)の量がとても減ったとのこと。佐倉市では週3回燃えるゴミの回収がありますが、実際にゴミを出すのは週1回で充分。キッチンに標準装備されたディスポーザーで生ゴミを粉砕処理してくれるので、エコに貢献しつつゴミを出す手間も減らすことができ一石二鳥。夏など生ゴミの臭いが気になる季節も、このディスポーザーがあるので、全く臭さが気にならなかったそうです。これは奥様にとって大助かりですよね。

ユーカリが丘の街が安全なのも、住み替えて良かったと思っていることの一つです。マンションの玄関には管理人がいて、ご家族の安全を見守っています。また24時間365日巡回警備しているタウンパトロールや、ボランティアのNPOクライネスサービスの皆さんが街の安全を守ってくれています。さらに、ユーカリが丘駅周辺の治安も良く、中学生の娘さんも安心して学校に通え、息子さんも小学校まで近く、いつも目の前ある広い公園で遊んでいるので目が行き届きやすい。家族みんなが安心して暮らせる街が「ユーカリが丘」なんです。このビオ・ウイングに来て、奥様の念願だった愛犬を飼うこともできました。ずっと社宅住まいだったので、ようやく念願叶って愛犬との暮らしがスタートできたと、奥様はたいへん喜んでいます。お子様たちもワンちゃんをかわいがっています。
今では毎日、リビングに家族4人とワンちゃん1匹が集い、穏やかながら楽しい時を過ごしているそうです。
  • Kさま
  • Nさま
  • Iさま

ページの先頭へ