おかげさまで、環境共生型マンション ビオ・ウイング ユーカリが丘は完売いたしました。中古物件の情報を除き、サイトの情報は新築販売時の内容になります。

入居者インタビュー Iさま

トップ > 入居者インタビュー

私たちの思い描いた暮らしに、「ビオ・ウイング」で出会いました。

住まいも環境にも満足! ビオ・ウイング ユーカリが丘で暮らしを始めたご家族にお話をおうかがいしました。

  • Kさま
  • Nさま
  • Iさま

ビオ・ウイングにお住まいのIさま

家族構成
ご主人様、奥様、長男、長女
以前のお住まい
ユーカリが丘で、私(ご主人様)の両親から受け継いだ2階建ての戸建て住宅
お住み替えのきっかけ

以前の住まいが築30年以上経ち老朽化も目立ってきていたことと、2階建ての構造は家事や育児をするうえで使いづらく感じていました。2階には洗濯物を干しに行く程度で、ほとんど使っていませんでしたね。そんなとき、フラッと「ユーカリが丘街ギャラリー」へ行ったことがきっかけ。ちょうどこのBIOウイングが完成したばかりの頃で、モデルルームを見ているうちに、すぐに気に入ってしまいました(笑)
それまでマンション住まいは全く考えたことがなかったんですが、設備も良いし、キッズルームや大浴場もあるし、公園もすぐ近くで、買い物も便利。それにマンション内には同じ子育て世代も多そう。ここなら、子育ての苦労から解放されるんじゃないか…と思えました。
ライフスタイルに応じた住み替えが円滑に行えるようにと山万が実施している「100%買取サポート」を利用して、現在のBIOウイングに住み替えました。同じユーカリが丘内での住み替えだったので、今までと同じ生活が送れています。

ユーカリが丘にしたキメ手

私(ご主人様)も妻もユーカリが丘で育ちました。だから、ここを離れようとか思ったことがなかったんですよね。今でも両親はすぐ近くに住んでいます。
ユーカリが丘の好きなところは、自然が豊かだけど、生活するうえでとても便利なところ。学校の校庭も広いし、住民のみなさんが親切で安心して暮らせます。そのうえ交通の便がよく、都心まで行きやすい。自分が育った街で、自分の子どもを育てたいと思いました。

ビオ・ウイングに決めたポイント

マンション内や住居の設備が充実しているうえに、構造がしっかりしているところ。まだ子どもが小さいので、足音などの騒音が気になり、内覧会の時に実際に実験してみたんです。室内で子どもをパタパタと走らせて、私(ご主人様)は階下で足音などを聞いていました。そのとき子どもの足音がほとんど気にならず、安心しました。
子どもたちを遊ばせる公園も近く、キッズルールも用意されています。買い物も目の前のマックスバリューでできるし、同じマンション内には同じ年頃の子どもが多いので、お友達も作りやすい。今までの子育てで感じていた苦労が、一挙に解決できると思ったからです。

ユーカリが丘のお気に入りポイント

住んでいる人たちが優しいところ。私(ご主人様)は6歳の時から、妻は中学1年からユーカリが丘に住んでいますが、以降この街を離れて暮らしたことがありません。小学校・中学校・高校と通い、都内の大学もこの街から通いました。自分の子どもたちが育つ環境を第一に考えると、やっぱりこの"ユーカリが丘"を選んでしまいますね。

今後、ユーカリが丘でやってみたいこと

何だろうな…ずっとユーカリが丘で暮らしているから、今さらって感じですね(笑)休日は公園で子どもと遊んだり、佐倉市内に住んでいる私や妻の両親のもとを訪ねたりと、安心感に包まれながら、このユーカリが丘で長年にわたり楽しく暮らしていけたらと思います。

通勤は?

私(ご主人様)は市ヶ谷(東京都)まで通勤しています。マンションの目の前にある山万ユーカリが丘線の中学校駅からユーカリが丘駅まで行って、そこから京成線で船橋まで行き、JR総武線に乗り換えて市ヶ谷へ。天気が良い日は、ユーカリが丘の駅まで自転車で行くこともあります。通勤にはおおよそ1時間45分かかりますが、電車内では前日に録画したテレビを携帯オーディオプレーヤーで見たりして過ごしています。

ビオ・ウイングの施設で一番気に入っているところ

共同浴場「縁の湯」ですね。家族みんなで「お風呂行くよー」と、毎日のように通っています。以前の住まいに比べ、ガス代もだいぶ減りました。
またキッズルームもよく利用します。昨年末にはパーティールームを利用して、キッズルームで友達になったご家族とともにパーティをしました。パーティールームのすぐ隣りがキッズルームで、一つのフロアのように使えるので、お母さんやお父さんはパーティルームで楽しみ、子どもたちはキッズルームで遊んで…と、親子共々とても楽しくパーティができました。

子育ての環境を第一に考えたとき、自分が育った街がイチバンでした。

「このBIOウイングに住み替えて、それまで感じていた子育ての苦労から開放されました」と、ご夫婦ともに口をそろえておっしゃいます。以前の住まいは、ご主人様が6歳の頃から住み続けた家。ご主人様のご両親はすぐ近くに住み替えていて、その家をご主人様が引き継いでいました。そしてお二人が結婚し、お子様も2人生まれ、子育てをしていました。当然その家に愛着はありましたが、次第に2階建ての一軒家ならではの煩わしさを感じるようになったそうです。まだお子様が小さく階段の上り下りも危険、だから2階はほとんど使ってなかったそうです。お庭の手入れもたいへんで、日々のお買い物も車で行かないと不便。小さなお子様2人をかかえて、奥様は毎日、家事や育児に追われてしまっていました。さらに近所に同世代のお子様がいなくて、近くの公園も閑散としていて…。

昨年の5月中旬、フラッと気軽な感じで「街ギャラリー」を訪れたのが、住み替えを考え始めたきっかけ。それからBIOウイングを見に行き、すぐに気に入り、I様が入居したのは7月。たった1か月半でBIOウイングの購入のご契約をされ、しかも以前お住まいの一軒家は売り払われています。こんなスピードで対応できるのは、ユーカリが丘の街内でのお住み替えだったから。山万の「100%買取サポート」を利用し、素早く、しかも資金面の心配もせずに住み替えができたそうです。

ご入居後は子育ても家事もだいぶラクになったとのこと。目の前にスーパーがあるので、お子様2人連れて行っても前ほどの苦労がなくなりました。またキッチンにはディスポーザーがあり、生ゴミも軽減。家族4人で暮らしていても、生ゴミ(燃えるゴミ)は週1回出すだけでも大丈夫なほど。お天気の良い日は、目の前にある宮の杜公園でお子様を遊ばせ、雨の日や寒さ・暑さの厳しい日にはマンション内のキッズルームを利用しています。キッズルームでママ友達もでき、おかげでお子様たちばかりでなく奥様も毎日を楽しく過ごしているそうです。

室内は段差がなくフラットなので、ようやく歩き始めたばかりの1歳1か月のお嬢様にも安全です。とても元気な3歳の息子さんも、床の構造がしっかりしているので、ちょっとくらい室内を走っても大丈夫。インタビュー中も、元気な息子さんのことを、ご主人様と奥様がニコニコと笑顔で見守っていらっしゃるのが印象的でした。

I様宅の室内はリビングの大きな窓から日光が差し込み、全体がとても明るく感じました。晴れた日のお昼は、室内の電気を付けなくても大丈夫なほどなんだそうです。冬はリビングの窓から日差しが入り室内が暖かく、夏は窓を開ければ風通しが良くて涼しい。そのため、電気代もあまりかからなくなったそうです。
また、マンション内の共同浴場「縁の湯」も毎日のように利用されるとのこと。大きいお風呂に浸かれるばかりでなく、マンション内の住民との交流もできるのが魅力だとか。さらにガス代も以前の住まいに比べ大幅減!ご両親が遊びに来たときには、お父様と息子さんが一緒にお風呂へ入るとのこと。「縁の湯」は光明石を利用した人工温泉で、肩こりや腰痛・冷え・疲労回復などに効果があります。おじいちゃんとお孫さんで"温泉"に行くことが、こんなに気軽にできるなんて、うらやましいですね。

ユーカリが丘の街は自然が豊かで、しかも生活に便利なスーパーや公園、病院、学校等が近くにそろっています。交通の便も良く、都内にも通勤・通学しやすい。お子様たちを中心に、子育ての環境を第一に考えたとき、ご主人様と奥様が育った街「ユーカリが丘」がやはり一番良かったとのこと。
息子さんやお嬢さんの元気な姿、そしてニコニコと笑顔で挨拶をしてくれた姿を見て、"健やかに育つことの大切さ"をとても感じました。BIOウイングで、ユーカリが丘の街で育つI様のお子様たちは、とても健やかでかわいらしかったです。

  • Kさま
  • Nさま
  • Iさま

ページの先頭へ