おかげさまで、環境共生型マンション ビオ・ウイング ユーカリが丘は完売いたしました。中古物件の情報を除き、サイトの情報は新築販売時の内容になります。

ビオ・ウイングを取り囲む様々な利便施設

トップ > 周辺環境

末永く暮すビオ・ウイングのライフステージだからこそ住まいを育む山万ユーカリが丘の街づくりが活きてきます

ニュータウン開発40年以上の山万ユーカリが丘は、日々の暮らしを見つめ安心・安全の充実した【街の機能】があります。
お買い物スポットには、小児科と薬局があります。駅前に、保育施設が控えています。下校する小学生は、パトロールに守られています。
自然の地形を活かした大規模の親水公園、マルチスクリーンのシネコンと自然と都市機能が融合しています。

安心の暮らしを実現する育児環境。

  • みやのもりハローキッズ
    みやのもりハローキッズ

    2012年11月開園。佐倉市内初の「病後児保育」を実施する認可保育園

    最寄りの山万ユーカリが丘線「中学校」駅前に、ユーカリが丘で2番目の認可保育園が誕生。名前は「みやのもりハローキッズ」。広い園庭をはじめ幅広い知育カリキュラムを実施しています。対象年齢は生後6か月から就学前まで。さらに、佐倉市内では初めての事例となる「病後児保育」を実施しています

エリアで評判の通学区。特色ある教育環境。

  • 井野中学校
    井野中学校

    県内でも評判の進学校である井野中学校が通学区。学習・部活への積極的な取り組みでタウン内で高く評価されています。また、特色のある教育課程の編成などにも力を入れています。

  • 青菅小学校
    青菅小学校

    「豊かな心を持ち自らたくましく生きる児童の育成」を学校教育目標に掲げ、自然体験学習、世代間交流活動に積極的に取り組む青菅小学校が通学区です。

  • 24時間365日タウンパトロール
    24時間365日
    タウンパトロール

    住民の安全な暮らしを守るために、山万グループのワイエム総合サービス(株)のタウン・パトロールカーが24時間・365日巡回警備。事件・事故の発生の有無に関わらず、タウン内の全ての小中学校で、子どもたちの下校時通学路に立ってパトロールをしています。

毎日に便利なスーパー。充実した医療、ヘルスケアのある環境。

ユーカリが丘は「子育ての街」。5年間で120%以上も子どもが増えているワケとは?

ビオ・ウイング ユーカリが丘は、千葉県下でも定評のある佐倉市立井野中学校が通学区です。さらに、高齢者グループホームと学童保育を併設した「ユーカリ優都ぴあ」があります。病後児保育を実施する「みやのもりハローキッズ」が開園するなど、お子さまの将来にわたり子育て施設が充実しています。

「ユーカリが丘」ライフマップはこちらから「ユーカリが丘とは」ページはこちらから

ページの先頭へ